延滞が続いているとどうなるの?差し押さえされてしまう恐れもある

カードローンを利用している場合生活のリズムに上手く組み込んでおければ、返済が出来なくなるというようなことはあまり考えられません。計画性が有ればさらに盤石です。しかし問題は生活のリズムから外れたときです。例えば誰にでも病気と言うことはあります。そういう場合には収入が途絶えて返済に支障を来します。また収入が途絶えなくても何か急な出費でもあればたちまちリズムが崩れて返済が出来なくなって延滞してしまうことになります。

金融機関に連絡する

延滞するにしても理由がはっきりしており、先々返済できる見込みが有るのであれば金融機関に話して、減額して貰ったりすることは可能です。しかし先々の見通しがはっきりしない場合には交渉は難しくなります。とにかく延滞する場合には早目に金融機関に連絡を入れましょう。連絡も入れないようでは金融機関は不信感を抱きます。そのようなことにならないために、返済はする気持ちはあるということを伝える必要があるのです。

督促状が来る

連絡も入れずにそのままにしておくと督促状が送られてきます。それでも入金しないと次は督促電話、その次は自宅や職場への回収担当の訪問と言うことになります。それでも入金しないと次は催告書が届きます。これが金融機関としての最後通告と考えてください。これも無視していると、いよいよ実力行使と言うことになります。つまり差し押さえが行われます。金融機関は金融についてはプロですからこういうことは法に則って行われ口をはさむことはできません。

話し合いを持とう

このような状態になる前に、無視していないで金融機関と話し合いを持った方が良いでしょう。金融機関も鬼ではありませんから、例えば病気だったとしたら、とにかく利息分だけでも入金すれば翌月まで待ってくれるはずです。金融機関の利益は利息分ですからはっきり言って利息さえ払ってもらえば利益は上げられると言う訳です。話し合いが常に和やかな雰囲気に終わるという保証はできませんが、相談すれば返済方法についていろいろと考えてくれるはずです。

延滞が続いてしまう場合

もし延滞が続くようだと金融機関の方も返済は難しいと考えるようになります。したがって差し押さえに動く場合も考えられますから。そうなる前に無料相談などを利用して、債務について相談してみてください。場合によっては弁護士に相談して債務整理を考える必要も出てきます。債務整理は債務の返済ができない場合に法的に定められた手続です。基本は金融機関と債務者で話し合ってどうするかを決めるわけですが、債務者は金融については素人ですので弁護士に依頼した方が無難です。

自己破産もひとつの方法

債務整理の中の一つで、私財を処分しても返済は難しいような場合には自己破産と言う方法が有ります。自己破産と言うとしばらくの間は信用はゼロになってしまいますが、債務を逃れるために法律が用意した人生のリセット方法だと考えることもできます。もちろん自己破産などしない方が良いのですが、どうしようもない場合には、前向きに捉えて利用した方が先々良い結果を生むと考えられます。弁護士によく相談して、決断してください。

閉じる