脅迫まがいの厳しい取り立てに遭ったら?違法なので警察に相談しよう

かつて消費者金融がまだサラ金と呼ばれていた頃は、金利も高く返済できなくなってしまう人も数多くいました。こういう場合消費者金融はいわゆる怖いお兄さんたちを使って厳しい取り立てを行うのが常道で、利用者の中には夜逃げをしたり、自殺に追い込まれてしまった人も少なくありません。こういう例が多発したため、このような状態を指す『サラ金地獄』なる言葉も生まれました。しかし現在ではこのような取り立ては違法になっています。

殆どの金融機関は取り立てには注意している

このため現在では殆どの金融機関では取り立てを行わなければならない際には、十分注意して威嚇にならないような紳士的な話し合いを持ちます。しかし中には以前の体質を残しているような金融機関もあって、相変わらず厳しい取り立てを行う事も無いとは言えません。場合によっては債権を裏組織に売ってしまうような悪質な業者も存在し、こうなると以前のような怖いお兄さんたちが自宅や職場に現れるような事にもなりかねません。このような場合にはどうすれば良いのでしょう。

威嚇が有った場合

よく言われるように臓器を売って支払えとか利用者が威嚇に感じるような取り立てが行われた場合には違法行為になります。借金ということであまり強く出られない気持ちも分かりますが、それとこれとは問題が別ですから、遠慮せずにすぐに警察に相談して、必要が有れば被害届を出して取り締まってもらいましょう。正常な話し合いが出来るようになったら返済について話し合えば良いのです。落ち着いて交渉が出来ないような状態で色々と決めてはいけません。

色々な違法行為

威嚇や脅迫以外にも、借金について周囲の人に話したり、本人以外の家族などに返済を迫ることは違法とされています。したがってこのような場合でも遠慮なく警察に相談してみましょう。ただしこのように警察に相談する場合には、言った言わないの言い争いになるのが落ちですから、ICレコーダーなどで会話を録音しておくようにしましょう。強力な証拠になります。場合によっては金融機関を業務停止処分にすることも可能です。金融機関にも反省してもらいましょう。

弁護士に相談しよう

こういう状態になると、おそらくもう返済は無理なことが多い筈です。したがって、なるべく早く弁護士に相談して債務整理の手続きに入った方が良いと思われます。債務整理は場合によっては自分でも行うことはできますが、金融機関にはどうあがいてもかないませんので、金融機関との話し合いは弁護士に頼んだ方が絶対に有利に事が運びます。もちろん弁護士への報酬はかかりますが、そでれも得なのです。先ずは無料相談などを利用するのも良いでしょう。

逃げるのは止めよう

かつては夜逃げをしてしまうような人もいましたが、そういうことは止めておきましょう。辛い状態かもしれませんが、返済できなくなったと言うことは自分にも大きな責任が有ります。どうなるかは分かりませんが、弁護士に入ってもらって最後まで決着をつけた方が後々も安心です。また債務を踏み倒して時効を狙うのだという人もいますが、相手は金融機関です。そのような事例も数多く経験していますので、次々に手を打って時効になるのを阻止するはずです。

閉じる