アイフル

申し込みには色々な書類が必要!アイフルの場合の必要書類とは

カードローンを申込んだことが有る人は知っているはずですが、申し込みはただ申込みたいと言って申込書を提出すれば良いというものではありません。申し込みではその人に融資しても本当に返済してもらえるかどうかを判断するための書類を金融機関に提出することが必要です。この書類の詳細は金融機関毎に決められていますから、申し込もうという金融機関のカードローンの最新のパンフレットやホームページで確認することが必要です。

どんな書類が必要なのか

どの金融機関でも基本的には同じです。1つ目は本人を確認するための書類です。そもそも本人と称する人が偽物では話になりませんから、かなり厳しく確認されると思って間違いありません。この本人情報を基に信用情報なども参照されます。2つ目は収入を証明する書類です。最近では貸金業法が改正されて総量規制が行われるようになっているため、これを逸脱するような過剰な融資を行わないように年収がチェックされ、月々の返済に支障が出ないように必要に応じて安定性も確認されます。

本人を証明する書類

では本人を証明する書類にはどんなものが必要なのでしょうかアイフルを例に調べてみましょう。書類はすべて公的機関が発行したものでなければなりません。したがって社員証などでは受け付けてくれません。まず最も簡単なのは運転免許証です。しかし最近では運転免許を持っていない人も珍しくはありませんので、それに代わるものとして健康保険証や住基カード、パスポートなどでもOKです。外国人の場合には外国人登録証や在留カード、特別永住者証明書などで受け付けてもらえます。

収入を証明する書類

収入を証明する書類も色々とありますが、会社員の場合には源泉徴収票が利用できます。自営業であれば確定申告書の写しを貰っておけば利用できます。このほか住民税決定通知書、所得証明書、場合によっては直近の給与明細書2か月分でも審査してくれます。安定的に収入が有るのであればこれらだけで十分なのですが、審査時に安定性を疑われてしまった場合には、安定性を証明するような書類を加えて提出することを要求されることもあるようです。

店舗に行って申し込む場合

店舗に行って窓口や自動契約機を利用する場合には、これ等の書類の写しを取って持って行ってください。何度も行ったり来たりしなくて済むように自分の収入が安定的でないと疑われそうな場合には例えば年収を証明する源泉徴収票だけでは無く、2か月分以上の給与明細書も一緒に持っていくなど予め十分準備をして行くようにしましょう。店舗に行ってから書類が揃っていないと言うようなことが無いように良く注意する必要があります。

インターネット上から申込む場合

インターネット上から申込む場合には、以前は別途書類を郵送していましたが、最近では更に便利になってこれ等の必要書類の画像を撮って申し込み時に添付すれば良いようになっています。ただしこれは金融機関によって違いますからアイフル以外の場合には確認が必要です。画像は携帯のカメラで撮ったもので構いませんが、鮮明でない場合には再送を要求されることもありますから、面倒が無いように映りを予めよく確認しておくようにしましょう。

提携銀行によって使い勝手が変わってくる?アイフルの提携銀行とは

カードローンではインターネットからの利用が増加しているとはいえ、最も利用されているのはATMであることは間違いありません。しかしアイフルを例にとればアイフルのATMを見たことが有るという人は店舗に行ったことが有る人以外は殆どいないと思います。消費者金融も大きな企業に成長しましたが、全国にたくさんのATMを設置するようなことはできません。そこでカードローンの使い勝手を左右するのが提携銀行です。これらの提携銀行が多くのATMを設置していれば大変使い勝手が良い訳です。

アイフルの現状

多くの消費者金融は貸金業法の改正で利息が低く抑えられたり、過払い金の返還に応じたりで経営が傾き、倒産してしまったり、銀行の子会社になったりしました。アイフルも倒産寸前まで行きましたが、銀行の子会社になることも無く現在まで存続できている珍しい例です。しかしやはりATMの数は少ないですから、多くの提携銀行やコンビニATMが存在します。この中には借入・返済の両方ができるものやどちらか一方しかできないものなどが有ります。

借入・返済が出来る提携銀行

借入・返済の両方が可能な提携銀行としてはセブン銀行、イオン銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、親和銀行が有りこの他ローソンATM、コンビニATMが利用できます。メガバンクも含まれていますので全国で利用可能ですし、主なコンビニでも利用できますので、たとえ出張中に急にお金が必要になったとしても困るようなことは無いでしょう。現在カードローンを申込もうと考えている人には使い勝手はお勧めできると言って良いでしょう。

借入または返済が可能な提携銀行

返済には対応できませんが借入だけであれば福岡銀行と熊本銀行があります。また返済だけが可能な提携先としてはコンビニのファミリーマートのFamiポートおよびローソンのLoppiがあります。借入や返済が出来たりできなかったり面倒かもしれませんが、とにかく対応するATMが数多くあることは良いことです。何処に行っても利用できるということであれば大きなお金を持ち歩く必要はありませんし、安心感だけでも価値が有るでしょう。

基本的に手数料が掛る

これらの提携銀行などのATMを利用する場合には基本的に手数料が掛ります。この手数料をどう見るかは利用者の利用の仕方によって変わってきます。大きな金額を借りるのであれば手数料は微々たるものです。しかし少ない金額を頻繁に借りたり返したりするのであれば、実際に計算してみれば分かりますが場合によっては利息よりも手数料の方が多きくなったりすることもあります。それでも構わないというのであれば良いですが、気になるという人はカードローン選びも注意が必要です。

まずは自分がどう利用するかを考えよう

提携銀行が多いことは良いのですが、実際に利用しようという場所に無ければ何にもなりません。したがってまずは自分が利用する場面を想定して見ることが必要です。まず利用場所を考えてみましょう。自宅近くや職場近くに提携ATMはありますか。次に利用方法を考えてみましょう。手数料は無視しても良いですか、それとも無視できない使い方でしょうか。いろいろと自分なりに考えて最も使い勝手の良いものを選ぶようにしてください。

審査が通っただけではカードローンは利用できない!契約が必要です

カードローンを利用する場合、まずは申し込みが必要と言うことは常識ですが、しかしこの申し込み方法を誤解している人がいますので確認しておきましょう。申し込みに当たっては、まずは申込書類を提出します。これを金融機関の側で審査して、利用してもらうか否かを判断します。安定収入が無かったりすると審査が通りませんから、ここが最も重要なのは間違いないのですが、利用するにはこの後契約を取り交わす必要があることを忘れてはいけません。これが済まなければカードを発行してもらえません。

申し込み方法によって契約方法も変わってくる

店頭であれば審査が通った段階でそのまま契約をすれば良いので面倒は無いのですが、その他の方法だと金融機関側との接触がありませんから、その場で契約と言うのが難しくなってきます。したがって契約方法は金融機関の考え方によって違ってきます。日本では契約と言うと書面を取り交わす習慣がずっとありましたから、現在でも審査が通ったら契約書類が郵送されてくるところが多いです。しかし一部金融機関では別の方法も模索されています。

インターネットでの申し込みに対応

特に近年ではインターネットの利用が一般的になってきたため、カードローンの申し込みもインターネット上で行われるようになり、今後もこの傾向は続くと考えられます。そこで困るのが書面の取り交わしの習慣で、結局この段階で郵送でやり取りしていたのではインターネットの利点が台無しになってしまいます。このため最近一部金融機関ではこの書類の取り交わしを止めて、インターネット上で契約を完了し、後日カードなどを送ってくるという方法を採用しているところも出てきています。

アイフルの場合

アイフルなどの消費者金融は、貸金業法が改正されたころから業績が傾き、アイフルも倒産寸前までいきました。これが幸いしたのかどうかわかりませんが。最近では新しい技術を積極的に採用して、従来の契約方式を改め、より利用しやすいようにインターネット上での契約にも対応できるようになりました。アイフルでは申し込みに必要な書類も画像の送付で済むように改善したため、申し込みではカードの送付を除いてインターネット上でできるようになっています。

当日利用する場合

いくらインターネットが発達してもカードの郵送だけはインターネット上と言う訳には行きませんので、この方式を利用する限り申し込み当日に利用することは難しいと言わざるを得ません。したがって当日どうしても利用したい場合には店舗の窓口に行って申し込みから契約までを行うことを勧めます。そうすれば審査で問題があったとしても準備さえしていけばその場でいろいろと説明することもできますので、とにかく急ぐときには窓口が狙い目です。

カードが必要無い場合

人によってはカードローンの利用はインターネット上だけと言う人もいます。現在はまだ少数派ですが、これから増えていく可能性はあります。インターネット上で借りてインターネット上で返すわけです。そういう場合にはカードを使う必要がありません。このため金融機関によっては希望によってカードの送付を止めて申し込みから契約までを完全にインターネット上だけにしているところも有ります。こうなるとカードローンという名前も考え直さなければいけませんね。

カードを紛失してしまった!おたおたしていないですぐに対処しよう

現在はカード社会と言われるように様々な場面で多くのカードが使われています。最も認知度が高いものにキャッシュカードやクレジットカードが有りますが、その他にも会員カードやプリペイドカードなど様々なものがあります。もちろんカードローンもその名の通りカードを利用してお金を借りたり返したりする訳です。しかしこれらの多くのカードには共通する弱点があります。それは紛失や盗難に遭い、悪い場合には悪用されるという点です。

悪用の例

カードローンのカードが悪用される例としてはまず利用限度額まで借入をされてしまうというものです。暗証番号が分からなければ駄目ですが、類推しやすい物の場合被害にあうことがります。キャッシュカードなどでは番号を変えるように促された人も多いのではないでしょうか。次にカードの情報を書き換えてしまって悪用するというものです。こちらは専門知識や機材が必要ですので、そんなには多くありませんが大きな迷惑をかける可能性もあります。

カードを紛失してしまったら

もしカードの紛失に気づいたときには、すぐに金融機関に連絡が必要です。前記のような悪用を防ぐためにまずは最低限そのカードの利用を停止してもらうことが必要です。また既に悪用されていないか利用金額を確認することも忘れないようにしましょう。カードが見当たらないがもう一度探してみようと考えたり、慌ててしまっておたおたするのは後にして、とにかく利用できないようにすることが先決です。電話を入れればすぐに対応してもらえます。

既に被害に遭っていた場合

利用金額を確認してもし心当たりのないような金額の場合には、すぐに金融機関と話し合って対応を取らなければなりません。そしてできるだけ早く警察に被害届を出すようにしましょう。最近ではATMには必ず防犯カメラが付いていますから、利用すればすぐにその映像が確認できます。早ければ早いほど犯人が逃げ出す前に検挙できる可能性が高まります。ただしいつ紛失したか分からないというような場合には、すでに逃げられている可能性が高いでしょう。

利用しないのであれば持ち歩かず保管しよう

紛失するのは大概持ち歩いている間に財布と一緒になくすと言う事が多いため、利用する予定が無いのであれば家に保管しておいた方が良いでしょう。ただし空き巣などの心配が有りますから、自宅のセキュリティが甘いような場合には持ち歩いたほうが安全なのかもしれません。とにかく自己責任ですので、自分が最も安全と考える方法で保管しておくようにしましょう。ただし保管しておくのは良いのですが保管場所を忘れるようなことが無いようにしてください。

もうカードローンは利用しない場合

もしこの先カードローンを利用することが無いと考えられる場合には、カードを残しておいてもトラブルの元ですから、思い切って解約してしまうこともお勧めです。そうすればカードも1枚減らせるわけです。ただしカードローンは65歳までしか申し込みできないのが普通ですから、再度必要になった時に申し込みできる保証はありません。本当にもう必要が無いかどうかは良く考えたうえで判断しましょう。高齢になったらあまり借入はお勧めできませんので、再度申し込むようなことは考えない方が良いでしょう。
(⇒カードローンの解約はどのように行うのか

利息の節約ができる!一括返済を上手に利用して返済総額を少なくする

カードローンの返済と言えば月々一定額のリボルビング払いで、いくら借りても返済は一定額で極めて返しやすいものです。初期には単にキャッシングと言って借りたお金は翌月全額を返済するシステムでしたが、それでは返済が難しいということでローンの要素を取り入れて分割して返済する現在のカードローンの原型であるキャッシングローンができました。これによって借りやすくなり利用者も増加してゆくことになります。しかしこのリボルビング払いには問題が有ります。

毎月一定額と言うところに問題あり

毎月一定額ですから返済しやすいというのは分かります、しかし計算してみると一目瞭然なのですが、この方式だと借入金額が大きくなると利息が大きくなるために返済額の大きな部分が利息と言うことになります。返済が進めば元本の部分が大きくなるわけですが、最初の頃はなかなか元本は減りません。したがって借入期間は借入が大きくなるにしたがってどんどん長くなってしまいます。そうすると借入期間が長くなるわけですから利息も増えて行くということになります。ここがリボルビング払いの問題点です。
(⇒リボルビング払いのメリットとデメリット

一括返済をしてみよう

そこで返済について考え直してみましょう。利息と言うのは金利が大きくなると高くなるのは知っていると思いますが、借入期間にも比例していきますから、とにかく毎月毎月一定額と言うのはあまり良い返済方法ではありません。そこで多くのカードローンで用意されている一括返済を考えてみましょう。もし自由になるお金が有って返済に回せたとします。そうするとそこで大きく元本が減りますから、翌月からは利息が減り元本の返済分が増えます。このため返済期間が減り、利息の総額も減らすことが出来ます。

借り方を考えてみよう

次に小額の短期の借り入れを考えてみましょう。大きな金額を借りた場合には分割で返済する必要が出てきますが、カードローンの利用方法の多くは給料日までの繋ぎです。このため良くあるパターンとしては多くても数万円を給料日の1週間ほど前に借りるというものです。したがってこのパターンであれば給料日には返済が可能と言うことになります。しかし実際に返済するのは予め決めた返済日と言う人が大部分でしょう。大部分の人はこれが損になる自覚が有りません。

利息は借入期間で決まる

前記の様に利息は借入期間に比例して増えていきます。したがって長く借りているほど利息の額は大きくなります。ですからこの給料日前の借入の例では返済日まで放っておくのは無駄で、給料日に返せるお金が出来たのであれば、その時点ですぐに一括返済を使って返済してしまうほうがお得なのです。そこでこのような借り方をしている人は、次回からうまく一括返済を利用することを考えてみてください。節約できるところは節約しましょう。

無理はしなくて良い

一括返済がお得とは言っても、返済した後お金が無くなってまた借入しなければならないようでは意味が有りません。自分の余裕を見て一括返済をするか、そのまま月々の返済を続けるかを判断しましょう。一括返済の方が確かにお得ではあるのですが、リボルビング払いの便利さも捨てがたいものが有ります。まずは自分の返済をスムースに行うことを優先して、次にお得な方法を考えるという方法が良いでしょう。うまく使い分けるようにして下さい。

カードローンはもう利用しないというとき!解約してしまいましょう

子供を育てている最中は、なんだかんだとお金が必要なことが次から次へと湧き出してきて度々カードローンのお世話になるようなこともあるでしょう。しかし子供を育て上げ、そろそろ引退を考える頃にはもうほとんどカードローンのお世話になるようなことも無くなっているはずです。あとは年金で余生を過ごせば良い訳です。したがってこの頃にはカードローンは既に必要が無くなります。そうなった時にはカードの悪用を防ぐためにも解約してしまいましょう。

カードローンは70歳まで

自分から解約しなくても多くのカードローンは申し込みは65歳まで利用は70歳までとなっています。したがってたとえば将来何が有るかわからないからとカードローンの契約を残しておいたとしてもこの年齢に達すれば自動的に利用できなくなります。ですからいざと言うときのためなどと考えて利用しなくなった後も解約しない理由はあまりありません。年金が少なくていつも利用しているという場合にはしょうがない面もありますが、それでも返済を考えたら少ない年金だけで生活を維持するべきなのです。

年寄りになると管理が不十分になり易い

契約を残しておくことの問題は、年寄りになってくると記憶力も下がり管理が甘くなってしまうことが有ることです。使わなくなったからと言ってカードをどこかにしまい込んだらそのまま忘れてしまうこともあります。もしそれが盗難に遭ったとしても、そんなものが有ったことすら忘れてしまい、悪用されてしまう可能性さえあります。したがって使わないのであればさっさと解約してしまった方が安心していられます。大きな被害にあってからでは遅いのです。

どうしても解約したくない場合

それでもどうしてもいざと言うときのためにはギリギリまで契約を続けたいと考える人もいます。そのような場合には、カードローンの契約が残っている旨、お子さんなどに教えておきましょう。そうすれば自分では忘れてしまっていたとしても、お子さんの方で注意してくれていれば契約していたことすら忘れてしまったとしても大事にはならないでしょう。またその際には、自分の他の金融資産や不動産になどについても説明して置くようにしましょう。

自分が年寄りだということを認めよう

こういった話をするときに障害になるのが自分が年寄りだということを認めないことです。自分に限って忘れることなど無いと考えるようですが。よく思い出してください40歳代後半から物忘れがひどくなりませんでしたか。しかしこれは普通にあることですから認めてよいのです。はっきりそういうことは認めて、それをカバーするにはどうすれば良いのかと言うことを考えた方が、後々役にたちます。誰でも老いと言うものはあるのです。

お子さんからも声掛けをしよう

親御さんからそのような話が出ない場合には、お子さんの方からも積極的にアプローチするようにしましょう。高齢になればなるほど体は脆くなります。ピンピンしているように見えても何が有るか分かりません。資産などについて聞いておかなければ後になって自分が困ることにならないとは限らないのです。例えばカードローンをバリバリ使っているような場合には、相続人が返済しなければならない場合もでてきます。しっかりしているうちによく話を聞いておきましょう。

不動産担保ローンを利用するには?注意点を理解してから借りよう

通常のカードローンは担保は必要ありませんが、貸出限度額は通常300万円、多くても500万円程度しかありません。個人的な生活資金としては十分なのですが、事業資金となるとたとえ500万円でも足りない場合が有ります。そこで金融機関ではそれに対応できるようなローンも用意されています。これは主に法人や個人事業者向けのもので不動産を担保としてその分大きな金額を融資するもので不動産担保ローンと呼ばれているものです。

不動産担保ローンの貸出限度額

この不動産担保ローンは担保を取りますから総量規制の対象外とされていて、年収に関係なく不動産の評価によって借入できる金額が決まります。貸出限度額は金融機関によって違いますがたとえばアイフルの場合には1億円でカードローンとして利用する場合には2000万円までとされています。ですから無担保のカードローンとは比較にならないほどの資金の調達が出来るわけです。ただし利用目的は事業資金と限定されているので誰でも借りられると言う訳ではありません。

金利および返済方法

現在の金利は6.8%~12.0%で返済方法は分割返済でも一括返済でも対応してもらえ、返済期間は最長で10年です。金利は通常のカードローンに比べてそれ程違う訳ではありませんし、長期の分割返済も可能ですので、事業の拡大を考えているような場合で不動産を所有しているのであれば利用を考えても良いでしょう。ただしその不動産に必要な資金分の評価が有ればの話になりますから、日頃から所有している不動産価値には関心を持つようにしましょう。

返済できなければ不動産を失う

注意が必要なのは、返済が出来ない場合には、担保とした不動産は金融機関のものになってしまいます。不動産担保ローンと言うのは一歩間違えば土地家屋を明け渡さなければならないような大変怖いものです。軽々に利用してはいけません。事業展開上一世一代の大勝負と言うときに利用するものです。以前はもっとずっと金利が高かったため、このローンを利用して不動産を失った人も大勢おり、社会問題となるようなことも有りました。十分注意して利用しましょう。

利用する場合

利用する場合にはインターネット上からでも申し込みが可能な場合が多いですが、大きな金額ですし、自分の不動産を担保にする訳ですから、インターネット上の情報だけではなくて、店舗の窓口に行って、相談するところから始めることを勧めます。また最初から一社に絞るのではなく、何社も回って詳細を検討してから選ぶようにしましょう。不安な点が1つでも残っている場合には申し込みは行ってはいけません。全ての疑問点をクリアにしてからでも遅くはありません。

周囲の人にも相談しよう

ワンマン社長と言う言葉が有りますが、不動産を担保にする場合にはワンマンはいけません。少なくともその不動産に関係している人には事前に相談して、必要があれば了解を取っておきましょう。万が一返済できずに不動産を失うことになっても、事前に了解を貰っておけば、うらみつらみは小さくなるはずです。なんでも自分で決めるというのは経営者には時には必要かもしれませんが、後になって恨みをかうようなことは最小限にしたいものです。

延滞が続いているとどうなるの?差し押さえされてしまう恐れもある

カードローンを利用している場合生活のリズムに上手く組み込んでおければ、返済が出来なくなるというようなことはあまり考えられません。計画性が有ればさらに盤石です。しかし問題は生活のリズムから外れたときです。例えば誰にでも病気と言うことはあります。そういう場合には収入が途絶えて返済に支障を来します。また収入が途絶えなくても何か急な出費でもあればたちまちリズムが崩れて返済が出来なくなって延滞してしまうことになります。

金融機関に連絡する

延滞するにしても理由がはっきりしており、先々返済できる見込みが有るのであれば金融機関に話して、減額して貰ったりすることは可能です。しかし先々の見通しがはっきりしない場合には交渉は難しくなります。とにかく延滞する場合には早目に金融機関に連絡を入れましょう。連絡も入れないようでは金融機関は不信感を抱きます。そのようなことにならないために、返済はする気持ちはあるということを伝える必要があるのです。

督促状が来る

連絡も入れずにそのままにしておくと督促状が送られてきます。それでも入金しないと次は督促電話、その次は自宅や職場への回収担当の訪問と言うことになります。それでも入金しないと次は催告書が届きます。これが金融機関としての最後通告と考えてください。これも無視していると、いよいよ実力行使と言うことになります。つまり差し押さえが行われます。金融機関は金融についてはプロですからこういうことは法に則って行われ口をはさむことはできません。

話し合いを持とう

このような状態になる前に、無視していないで金融機関と話し合いを持った方が良いでしょう。金融機関も鬼ではありませんから、例えば病気だったとしたら、とにかく利息分だけでも入金すれば翌月まで待ってくれるはずです。金融機関の利益は利息分ですからはっきり言って利息さえ払ってもらえば利益は上げられると言う訳です。話し合いが常に和やかな雰囲気に終わるという保証はできませんが、相談すれば返済方法についていろいろと考えてくれるはずです。

延滞が続いてしまう場合

もし延滞が続くようだと金融機関の方も返済は難しいと考えるようになります。したがって差し押さえに動く場合も考えられますから。そうなる前に無料相談などを利用して、債務について相談してみてください。場合によっては弁護士に相談して債務整理を考える必要も出てきます。債務整理は債務の返済ができない場合に法的に定められた手続です。基本は金融機関と債務者で話し合ってどうするかを決めるわけですが、債務者は金融については素人ですので弁護士に依頼した方が無難です。

自己破産もひとつの方法

債務整理の中の一つで、私財を処分しても返済は難しいような場合には自己破産と言う方法が有ります。自己破産と言うとしばらくの間は信用はゼロになってしまいますが、債務を逃れるために法律が用意した人生のリセット方法だと考えることもできます。もちろん自己破産などしない方が良いのですが、どうしようもない場合には、前向きに捉えて利用した方が先々良い結果を生むと考えられます。弁護士によく相談して、決断してください。

返済を円滑に進めるには計画性が必要!無計画に借り入れてはいけない

カードローンはちょっと給料日までお金が足りないというようなときに大変便利な生活ツールになりますが、このような人の場合返済もギリギリの場合が多く毎月毎月少しづつ借入が増えて、そのうち返済が苦しくなってしまう事もそれ程珍しことではありません。しかし返済は返済ですから、苦しいからと言って投げ出すことはできません。そこで苦しくならないために必要なのが計画性です。

借入前に返済計画を立てるのはごく少数

さて今現在カードローンを利用している人は自分の事を考えてみてください。借り入れの前に返済計画を立てていますか。この答えは殆どの人がNOと答えるはずです。無理もありません。100万円単位で借入するならともかくカードローンの場合には多くは数万円以内です。計画も何もないと考えてしまうのが普通です。しかし良く考えるとこれは非常に危険なことです。給料日前に生活が苦しくなるような人は返済に回せるお金が果たしてあるのでしょうか。

収入と支出を比べてみよう

では一度本当に返済できるかどうか調べてみましょう。例えば先月分の収入と支出を比べてみてください。返済額を月々1万円と仮定します。収入から支出をひいてください。1万円以上余裕が有れば返済は一応可能です。1万円ギリギリの場合も返済は可能かもしれませんが余裕が全くないということになります。一万円未満の場合には返済は無理です。もしマイナスと言うことになると、そもそも生活自体が成り立っていないと考えられます。

同じようにして返済期間中の余裕を計算する

まず金融機関のホームページに行くと返済シミュレーションがあります。そのシミュレーションを利用すれば必要な金額を借りたときの返済期間が分かります。期間が分かったら次にその期間中の収入と支出を予想します。できるだけ正確な方が良いので前年の同時期の支出も参考にして下さい。予想したら先程と同じように引き算をします。期間中全ての月で余裕が返済金額を超えていれば借り入れ可能ですが、そうでなければ返済に行き詰ってしまうことになります。

返済計画に纏めよう

返済できる見込みが出た場合には、その収支の状態を返済計画として纏めておきます。注意する必要があるのは、収入が多いから大丈夫と思って、あまり詳細な計算をしない人の場合です。問題は収入ではないということを理解しましょう。例えば100万円の収入が有っても、同じく100万円の支出が有れば返済に回せるお金は1円も無いことになります。ですから如何に収入が多いからと言ってもしっかりした計算に基づいて返済計画を纏めなければなりません。

常に見直しが必要

計画と言うものは必ず狂いが出てくるものです。でもそれは仕方のないことですので、必要なのは常に計画を見直すということです。そこで毎月返済日には、返済計画の通りに進んでいるかをチェックしてみましょう。返済に狂いが生じている場合には以後の返済にどのような影響が出るかを見極めて、必要なら支出を見直すなど返済計画の修正を行います。これを完済するまで続けましょう。このようにすれば返済を円滑に進めることができます。

カードローンは保証人不用!元を正せば保証人がいない人のためのもの

カードローンは安定した収入が有りさえすれば、誰でも借りることが出来る便利なローンですが、以前はローンと言えば銀行で借りるもので、しかも借りるためには返済のための保証となる保証人や担保が必要だったため、多くの人はローンなど組みたくても組めないものでした。しかしそのころを振り返ってみると、多くの家庭が貧しく、お金を借りなくても助け合って、皆楽しく生活していました。しかしいつの間にかお金が無ければ生活できない世の中になり誰もがローンの必要性を感じ始めます。

銀行から借りてそれを貸すことを思いついた人がいる

そこでここに商機を感じる人が出てきます。もし保証人も担保も取らずお金を貸せれば潜在的な需要が大きいので儲かるのではないかと考えた訳です。具体的には元手は事業資金として銀行から借りて、それよりも高い金利で貸し出して差額を儲けとするようにします。この頃は法的な締め付けもありませんから現在から考えると、とんでもない金利だったわけですが、保証人などが必要無いため、多くの利用者が飛びついたのは言うまでもありません。これらの業者をサラリーマン金融と言います。

暗いイメージを払拭

しかしこの事業は高い利息のため返済に行き詰り様々な社会問題を引き起こしました。このためサラリーマン金融のイメージは地に落ち、なるべくなら近づきたくない場所になってしまいます。しかし世の中はさらにローンを必要としていました。そこで近づきたくない場所であるのであれば、窓口でなくても契約ができる様にしようと自動契約機が登場します。これが大当たりで、契約数は飛躍的に延びます。さらに店舗をおしゃれなイメージにしたり親しみやすいCMを放映したりして利用者を増やしていきます。

銀行が無視できない存在になる

こうしてサラリーマン金融は消費者金融と呼ばれるようになり、カードローンの利用者も飛躍的に増えていくことになります。こうなってくると最初はカードローンなど無視していた銀行も多くの需要が有るということを認めざるを得なくなります。そこで銀行も同じようなローンを作ることを考えます。しかしこのローンは従来のものと違って保証人や担保を取ることが出来ません。残念ながら銀行にはそのようなローンを運営するノウハウはありませんでした。

銀行と消費者金融が提携

そこで従来では考えられないようなことが起きます。銀行が消費者金融に対して、個人の信用保証業務を委託したのです。世の中でこれ以上堅い会社は無いと言われる銀行が、一般にはまだまだ胡散臭くみられていた消費者金融と提携したのです。以前からは考えられない組み合わせですが、銀行も需要が有るのに指をくわえて見ていることが出来なくなってしまったということです。以来、両者の関係は緊密になり現在では消費者金融が銀行の子会社になったり吸収されてしまったところも有ります。

保証人がいたほうが安心できる場合もある

保証人がいなくても自分に十分経済力が有ればそれで良いでしょう。しかしまだ社会に出てから間もないような人の場合には審査には通ったとしても十分な経済力が有るとは言えません。本来であればこのような人には保証人がいた方が良いのです。もしも延滞してしまうようなことになって自己破産にでも追い込まれれば人生にも大きな影響が出ます。ですから金融機関の判断で保証人が必要だと考えたときには保証人を要求するというように柔軟な運用をしても良いのではないでしょうか。